車 売る 必要書類


自動車を売るときにはさまざまな書類が必要となります。
必要書類を用意できなければ売ることができません。
事前に用意をして、スムーズに取引が出来るように心掛けましょう。



※以下に記載してある必要書類は「個人」が自動車を売るときに必要です。
法人の場合は、別に必要書類、手続きが異なることもあります。



 自動車を売るときに必ず必要となる書類。



自動車検査証(車検証)


自動車検査証(車検証)は、国土交通省の定める車検に通ったときに交付される証書。
道路を走るときに必ず車に携帯していなければならない書類です。


車検が残っている場合、廃車でない場合、自動車検査証(車検証)は必ず必要です。
もしも紛失、盗難で手元にない場合、陸運局で再交付してもらいましょう。


※廃車にしている場合は、一時抹消登録証明書が必要です。


自賠責保険証明書


自賠責保険納入証明書は、車を道路で走らせるなら必ず加入しています。
車検のときに自賠責保険にも加入するので、車検が残っているときには必ず必要です。


もし紛失している場合、加入している保険会社に連絡して再交付してもらいます。


※名義は実質的な所有者でなくてもかまいません。


自動車税納税証明書


「4月1日現在」運輸支局に登録の自動車所有者が自動車税の納付を証明する書類。
※軽自動車の場合は、「軽自動車納税証明書」が必要となります。
自動車を売るときには、必ず必要となります。


毎年5月中旬以降に納付書がきます、納付したら自動車納税証明書を保管。


もし紛失している場合は、各都道府県の事務所(運輸支局内)で再交付です。



実印印鑑証明書


「譲渡証明書」に捺印するため、車売却(名義変更手続き)には実印が必要です。
印鑑が実印であることを証明「車所有者の印鑑登録証明書1通」が必要となります。
※各市町村役場や公民館で入手することができます。


まだ印鑑登録していない人は、住んでいる市町村役場や公民館で申請です。
(料金は各市区町村によって異なりますが200~500円)


※印鑑登録証明書は、2通必要になることもありますので事前に確認してましょう。


譲渡証明書


譲渡証明書は、車を譲渡、名義変更するときに必ず必要となる書類です。
おもに中古車買取店やディーラーや買取業者が用意してくれます。
ただし、個人の間で車を売買する場合は運輸支局(陸運局)で手に入れましょう。



 車を売る際(名義変更手続き)に場合によって必要となる書類



住民票


車検証に記載の所有者の住所と、印鑑登録証明書に記載されてる住所が異なる場合。
本人確認のために車検証の住所と現住所への繋がりが分かる住民票が必要です。


住民票では繋がりが確認できない場合は、「住民票の除票または戸籍謄本の附票」
結婚、離婚して名字が変わっても車検証の氏名変更がない場合、「戸籍抄本または謄本」


※住民票は現住所の市区町村役場で取ることができます。
住民票の除票は、車検証の住所の市区町村役場。
戸籍謄本は、本籍地の市区町村役場でしか取れません。


所有権解除書類


ローンで車を購入し車検証の所有者の欄が「ディーラー・販売店・ローン会社」
そんなときは、「所有権解除書類」が必要です。


この場合、ディーラー、販売店に連絡して所有権解除書類を用意してもらいます。


委任状


車の名義変更は、原則として車の所有者が行います。
中古車買取店やディーラーが相手のの場合は、実務上、名義変更を行ってくれます。
そのため、名義変更の代行を依頼したことを証明する「委任状」が必要となります。


委任状は買取り業者やディーラーが用意しますので、署名捺印すれば良いだけです。


その他


◎預託済み(支払済み)のリサイクル券


◎車の売却金が振り込まれる銀行の口座番号


◎相続に関する書類(相続などで他人名義の車を売却する場合)



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。