車 売る 買取 売却

ディーラーの下取りと買取店の売却価格の違い
現在乗っているのを売却するという場合、売却方法には大きく分けて2つあります。
1.ディーラーに下取りをしてもらう方法
2.買取業者に売却する方法
どちらも売却することには違いはありません。
ただ、どちらを売却先に選ぶかで価格に大きな差が出る場合があります。

売却を考え始めたら、スグに確認!
どれも短時間で無料で利用できるものばかりです。
1位 かんたん査定ガイド

詳細はコチラ>>

★知名度のある買取業者も参加の簡単査定
★見積もりだって自宅で出来る
★インターネットなので24時間いつでもOK
★入力してスグに概算の最高額もわかる

今すぐ32秒、概算価格もスグわかる

詳細はコチラ>>

2位 ズバット買取比較

詳細はコチラ>>

★全国150社以上が参加
★有名業者から地域密着型の地元業者まで
★年末年始を除き年中無休でサポート
★手軽なオークション感覚で選べます

入力はカンタン1分

詳細はコチラ>>

3位 カーセンサーnet

詳細はコチラ>>

★中古車情報誌カーセンサーのwebサイト
★リクルートが運営するクルマ総合情報サイトです
★24時間いつでも愛車の見積り依頼ができる
★1番高い査定価格を出して買い取ってもらおう

3分で終わるカンタン入力!

詳細はコチラ>>


ディーラーに下取りをしてもらうと、どうなる?
ディーラーに下取りをしてもらうと、売却額というのはほぼ決められています。
そのため、どのディーラーに下取りを依頼しても同じ売却額になることがほとんど。
より高く売却というのはなかなか難しいことになります。

当然古い方が売却額も低くなり、新しい方が売却額は高くなります。
これに種類や走行距離といった要素をプラスして最終的な売却額が出ます。
ディーラーによる下取りは、どこに依頼しても売却額が変わることはないでしょう。
基本的には、ディーラーはマニュアルを参考にして買取価格を出してきます。
どんなに希少性があるといっても売却価格がアップすることはないでしょう。

買取業者の場合は、どこの買取業者に依頼するのかで大きく売却額が変わります。
つまり依頼をするなら、なるべく多くの買取業者に査定をしてもらうことになります。
複数の買取業者に見てもらわないと、高い価格での売却は難しいです。
どんなのを売却するのかでも査定額が大きく変化していくのが特徴です。
たとえば古いのであっても、人気の高ければ、その分高い売却が期待できます。
年式が古いと売却するのをあきらめて処分しようと考えるでしょう。
ところが買取業者なら値段をつけてくれる可能性が高いのです。
捨てるつもりだったものに値段がつくって嬉しいですよね。
これは買取側としては高く買い取っても、それ以上の値段の価値があるからです。
買取業者の場合、利益が出るのであれば古い新しいに関係ありません。
その時その時の相場で買取額を決めます。
買取業者によって査定の基準が違うので、探せば査定額のアップも期待できる。
ディーラーの場合は、どこに頼んでも変わりませんから、これは大きな違い。

ただし、買取業者にしても売却額が考えていたより低くなってしまうかもしれません。
買取業者に依頼するときには、お店選びも重要になってきます。

ディーラーと買取業者、どちらの方法がより優れているのか?
というのは、正直なところなかなか難しい。
いまの自分に合った売却方を選べるか?どうかがポイントになります。
買取業者の場合は、種類や状態によって査定額を大きくアップさせることができる。
つまり、買取業者なら高い売却価格の可能性があります。
上手に買取業者を活用できれば、お得になることが多いのではないでしょうか?

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。