ローン 車 売る

ローンが残っていても中古車は売れるのか?


ローンが残っていても中古車を買い取ってもらえるのでしょうか。

どうしても手放さなければならない場合、ローンがあっても買取りできます。

手続きさえしっかり行なえば、問題はありません。



ローンで分割して支払っている場合


車の所有者は、本人ではなくローン会社になっているケースがあります。

書類上、自動車には、「所有者」と実際の「使用者」という名目があります。

支払いが残っている車の所有者は、信販会社やローン会社だったりします。

ローンが終わると自分の所有物ですが、それまでは勝手に車を売ることはできません。



ローンが残った車を売却するときのコツ


まず、所有者の名前を自分に名義変更するには、所有する会社の許可が必要です。

ローンの支払先の会社に、名義変更の申し出をして指示をききます。

名義が変われば、自分で売却することが出来ます。





名義を変更しなくても売れる方法


それは売った分のお金で残ったローンが全額返せる場合です。

審査でローン残高を上回れば可能です。

これは特例ですので検討してみるとよいでしょう。



銀行でマイカーローンを利用している方


ローンの残りがあっても、名義が自分になっている人もいます。

この場合は、所有権があるので自由に売ることが可能です。

譲渡証明書、印鑑証明書が必要になりますが、所有者の名義変更は必要ありません。



スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。