車検切れてしまった自動車は買取してもらえるのか?

答えは、もちろん車検切れてしまった自動車も買取してもらうことが可能です。
自動車の売却を検討されている理由の一つに、もうすぐ切れるからというのがあります。
またなかには、すでに切れてしまった自動車の処分に困ってる人もいるかと思います。

ここでは、車検切れの自動車やもうすぐ切れそうな自動車の売却について紹介します。

もちろん、切れてしまった自動車は公道を走行することができません。
買取業者に依頼すれば、自宅まで無料で出張査定に来てくれます。
買取が決定したら、運搬車で自宅まで引き取りに来てくれます。
切れたからといって、慌てて廃車せずに、まずは買取業者に査定を依頼してみましょう。


もうすぐ車検切れそう!そんなときは!?

車検切れの自動車の売却は、どうしても買取価格が下がってしまいます。
できれば、切れる前に売却してしまいましょう。
ただし、このとき車検を取りなおす必要はありません。
一般的に買取業者は、自動車整備の資格を持っていたりします。
また、独自の安いルートを持っているため、ユーザーが通すより安く済ませることができます。

車検切れしている車両でも、その分を見込んで買取査定してくれます。
わざわざ車検切れを改善するより、そのまま査定をしてもらったほうがコストがかかりません。
なお、とうぜん切れた自動車に対する査定は、業者によって違います。
これは先ほど紹介したとおり、業者によって独自に整備する手段・コストが違うからです。
そこで、切れた自動車の売却を検討するときには、複数の買取業者に査定を依頼しましょう。


「車検切れが近い」という理由で査定額を引かれることはないのでしょうか?

実際、車検切れが近くなれば近くなるほど、査定額がマイナスされていくのは間違いないと言えます。
しかし、通してから査定をした場合でも、「あなたが通すためにかかった費用」の元がとれるほど査定額がプラスになることはまずありません。
その結果、「結局は通さない方が得になる」というわけなのです。
理由の一つとして、かかる費用だけを比べてみても、自動車の査定・買取をする業者は提携の業者に依頼をすることが出来るので、私たち一般人がするよりも安く済ませることが可能なのです。
「新車の納入時期などの関係で、どうしても今の車検を通さなければならない」などという特別な状況を除いては、通す前に査定にかけてしまった方が賢いと言えるでしょう。


車検が切れて動かせない自動車でも訪問査定を利用すれば査定・売却することができる

当然ですが、切れている自動車は公道を走ることができません。
ですから、ディーラーや買取専門店に自動車を持ち込むことはできません。
でも、心配無用です。
今ではほとんどの買取専門店が自宅への訪問査定を無料で行ってくれます。
電話一本で喜んで査定に来てくれるはずです。
ところが、車検切れの自動車を店舗に持ち込んできたという実話を時々ネットで見ることがあります。

こんなことが警察にバレると、1発で90日の免許停止です。
更に無車検で6月以下の懲役又は30万円以下の罰金、自賠責の無保険で1年以下の懲役又は50万円以下の罰金です。
こんな話を聞かされると、買取店の人もびっくりだったでしょうね。
くれぐれもこのような法律に触れることはしないようにしましょう。
いくら買取専門店が近所だからといっても、そういう問題ではありません。
ぜひ、車検切れの自動車は、訪問査定を利用して査定してもらいましょう。



スポンサードリンク
|

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

|